昨日はアグリファンドの集まりで久しぶりの金沢。良品工房の白田さんが来られるということで楽しみに行った。

 話はこちらの想像以上に目からうろこの連続。良品工房さんは言ってしまえばモニタリング会社なのだが、何より実食を重んじているのでまさにリアルな声が聞こえてる。「美味しいもの」と「美味しく食べる」の違いあたりもなるほど〜といった感じである。

 風来ではよくお客さんの声をいただいている。中には「このキムチは3月1日に種を蒔いたあの白菜のキムチですよね。風景が目に浮かびました」という声もいただく。こうなると舌だけでなく心で食べてもらっているんだな〜と嬉しくなる。

 風来のモットーは「おいしくて安全だからこそ、毎日食べ続けられる味と価格」だがこれからもこれからも心で食べてもらえるものを心がけよう。

 今朝は雨が残っていたが、昼から台風一過の青空。台風は怖いがこの一瞬で青空が広がる様子は好きである。

 お昼には白田さんが風来に遊びに来てくれて、ベランダで昼食。もっと話を聞きたかった。引き出しが沢山ありそうな人だ。またゆっくり遊びにきてもらいたい。

 夕方からイタトマ畑の草むしりとイタトマ拾い。イタトマは穫るではなくまさに拾うである。

風来TOPページへ